宇宙 | 無名戦士の黒い銃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ/

読書録─『リムランナーズ』

読書録─『リムランナーズ』C・J・チェリイ/ハヤカワ文庫SF

宇宙戦

 最近は古本屋でしか本を買わないせいか、初読の作家というのがあまりなかった。このC・J・チェリイは今回が初。

記事の続きを読む ≫

読書録─『マルチプレックス・マン』

読書録─『マルチプレックス・マン』上・下/ジェイムズ・P・ホーガン 創元SF文庫

追われる男

 初読。本書のみならず、ホーガンの作品自体、これが初です。
 ざっとあらすじ。ネタバレ御免。

記事の続きを読む ≫

読書録─『果しなき流れの果に』

読書録─『果しなき流れの果に』小松左京/角川文庫

流れ

 これも再読。消化しきれなかった感が強いので、あらすじを記載する。無論のことネタバレ注意である。なおどのへんがネタバレに該当するか判断がつかなかったので、まんなかあたりから全部白字にする。

記事の続きを読む ≫

読書録─『凍月』

読書録─『凍月』グレッグ・ベア ハヤカワ文庫SF

月

 古本屋で50円で入手。
 グレッグ・ベアは『ブラッド・ミュージック』『永劫』『久遠』と読んでいるが、後ろの2作はまったく内容を覚えていない。ひどいものである、私の記憶。まあビッグネームだし『ブラッド・ミュージック』はおもしろかったし、安いので購入した次第。
 今回も覚書としてあらすじを掲載。ネタバレ注意なり。なお、今回からネタバレ部分に関しては白字で記載する。それに伴い前回分までも同様に編集しておくので、ネタバレしてもかまわないというかたのみ、反転表示等でお読み下さい。


記事の続きを読む ≫

覚書─『2001年宇宙の旅』&『2010年』

覚書─『2001年宇宙の旅』&『2010年』

惑星

 ついでってわけでもないが、映画『2001年宇宙の旅』と『2010年』についても覚書めいたものを。ややネタバレ注意。

記事の続きを読む ≫

読書録─『3001年終局への旅』アーサー・C・クラーク ハヤカワ文庫

読書録―『3001年終局への旅』アーサー・C・クラーク

惑星

 BOOK OFFで100円で売っているのを見て買ってきたら、うちにあった(T_T)。
 再読なのは覚えてたが、とっくに売り払ってて手元には絶対にないと思ってたのに、ううう。
 ちなみに2001年と2010年も本棚にならんでいた。なんでか2061年だけないんでやんの。『失われた宇宙の旅2001』まで残ってるのに。なんでだろ。たしかにあまりおもしろいという印象はないけど。

 で、本書。
 あらすじはどうしようか迷ったが、今回はさらっと流す程度にしておくことに。ネタバレはしているので注意されたし。

記事の続きを読む ≫

読書録─『波が風を消す』A&Bストルガツキー(ハヤカワ文庫SF)

読書録─『波が風を消す』A&Bストルガツキー(ハヤカワ文庫SF)



異類



 理解することとは、

 すなわち、単純化することである。

         ──D・ストローゴフ






 という巻頭言が本書冒頭に掲げられている(p.3)。

 なんとまあ、私のしているこの行為に対して嘲笑するかのごとき巻頭言だが、まあ気にせずいつもどおりあらすじを書きつらねていくこととする。

 例によってネタバレにつき、未読の場合は注意されたし。

記事の続きを読む ≫

読書録─『蟻塚の中のかぶと虫』A&Bストルガツキー

読書録─『蟻塚の中のかぶと虫』A&Bストルガツキー



獲物



 例によってネタバレにつき、未読の場合は注意されたし。

記事の続きを読む ≫

読書録─『収容所惑星』A&Bストルガツキー

読書録─『収容所惑星』A&Bストルガツキー



閉塞


 ストルガツキー兄弟の「マクシム・カンメラー」ものの第一作。

 三歩あるけばすべて忘れる鳥あたまの面目躍如、再読のはずが内容をほとんど覚えていなかった。

 ので、覚書としてあらすじをひとくさり。ネタバレしまくりなので、未読で読むつもりのあるひとは以下は読まないで下さい。


記事の続きを読む ≫

ごあいさつ

「無名戦士の黒い銃」へようこそ。

 青木無常と申します。

 こちらのブログでは、SFやスペースオペラ系の作品のレビューを主に行っていきたいと思います。
 ただし、あまりガチガチのSFはあまり読まないし、何か擬似科学や贋科学のようなものであっても、科学よりの内容である作品などもこちらでレビューしていく予定ですので、“”とか“”とかの内容だからと鼻であしらったりとかは、ご勘弁いただけると幸いです。

 またファンタジー・ホラー系の姉妹レビューブログ「魔法使いの赤い城」もあわせてご贔屓に願います。_(_ _)_


世界


 こちらのレビュー第一弾として、ハヤカワ文庫の「ノースウェスト・スミス」シリーズの第一弾である『大宇宙の魔女』から第一作である短編「シャンブロウ」を選ばせていただきました。
 一冊の本を一記事にまとめるか迷いましたが、どうも生来の凝り性が災いしてか、ひとつの記事を書くのに大きな労力と莫大な時間とを費やして、文章量の膨大な記事ができあがってしまう傾向があることはすでに自覚しておりますので、臨機応変に紹介していけたら、と考えています。

 また、日記ブログである「見果てぬ夢をみる魔法」にも読書録がいくつかありますが、そのうちのSF・スペースオペラ系の作品へのレビューに関しても、、順次、こちらのブログに移転していく予定ですので、よろしくお願いいたします。

 そして今回新しい試みとして、巻頭に「用語集」なるものを添付いたしました。
 内容は、主にフィクションに出てくる固有名詞などに関する記述を、辞書的にあいうえお順にならべて記載していくもので、半分は青木無常の覚書ブログ「CROCK WORKS-覚書まとめブログ【神話に出てくる固有名詞】」と同じように機能させていくつもりでおります。



 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

2012年12月11日 青木無常 拝

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
用語集 (1)
SF小説-海外 (18)
その他 (2)
映像 (22)
SF小説-日本 (6)

月別アーカイブ

プロフィール

青木無常

Author:青木無常
「無名戦士の黒い銃」へようこそ。
青木無常と申します。
主にスペース・オペラ、SF系の作品に対するレビューを中心に記事を書いていきます。

また、備忘録もかねて、あらすじも記載いたします。
詳細なあらすじになる場合もあり、ネタバレもがんがんしまくりますので、あらかじめご了承願います。

一応ネタバレ部分は
<以下ネタバレ>ネタバレ部分<以上ネタバレ>
のような形で括って中身の文字色を変えておきます。
必要に応じてドラッグ反転でお読みいただきますよう、お願いいたします。

ホラー・ファンタジー系をレビューする姉妹サイト「魔法使いの赤い城」もよろしくお願いいたします。

検索フォーム

リンク

著作権について

【著作権について】
当サイトで掲載・配信している文章・動画・画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属します。
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツにおいて、著作権/肖像権等に関して問題がありましたら、メール先に御連絡下さい。迅速に対処をいたします。


本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

【管理人】青木無常 メール



以下も青木無常のサイト・ブログです。
GADGET BOX ガジェット ボックス
青木無常の創作小説サイト

ガジェットボックス マンガ館
青木無常の創作漫画サイト


見果てぬ夢をみる魔法
青木無常のブログサイト

底なしの穴を埋める魔法(を模索中)
ブログサイト更新お知らせセンター


魔法使いの赤い城
ホラー・ファンタジー系作品のレビューブログ
無名戦士の黒い銃
スペース・オペラ、SF系レビュー専門ブログ


CROCK WORKS-覚書まとめブログ【神話に出てくる固有名詞】

CROCK WORKS-覚書まとめブログ【実践心理学】

CROCK WORKS-【生活の知恵】覚書まとめブログ


PR
「小さなお葬式」
24時間365日 専門スタッフ対応
無料相談0120-926-361
↑緊急の場合にご利用下さい。


着る毛布『グルーニー』
他ブランケットウェア各種紹介


超便利グッズ!>2台のパソコン間でドラッグ&ドロップができるUSBケーブル
2台のパソコン間をドラッグ&ドロップでデータ移動可能なUSB2.0リンクケーブル「KB-USB-LINK3M」


大人の鉛筆
"鉛筆屋"の提供する「大人の鉛筆」  自分の手で文字を書く快感をぜひご堪能ください


巨大ロボットなりきりセット―にぎりこぶしと効果音
玩具、トイ、おもちゃ、ホビー、コレクション


オヤジども必見! なつかしい泉谷しげるの“吠える”アルバム ランキング
泉谷しげるのアルバムを売り上げランキング順にならべました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。