覚書─『2001年宇宙の旅』&『2010年』 | 無名戦士の黒い銃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

覚書─『2001年宇宙の旅』&『2010年』

覚書─『2001年宇宙の旅』&『2010年』

惑星

 ついでってわけでもないが、映画『2001年宇宙の旅』と『2010年』についても覚書めいたものを。ややネタバレ注意。

『2001年宇宙の旅』は名作として名高く、名前だけはけっこう子どものころから知っていた。 当時、夜9時台に始まる洋画劇場の類で放映されたのが初見であったと記憶している。噂でもれ聞いたところによると、監督のキューブリックがTV放映に際してTV局に対してかなり色々と細かな注文をつけたらしい。何だか病的な感じの、神経質なひとなのだなと思ったものだった。
 漠然と、何か教育めいた内容の“格調高い”感じの映画であろうと想像していたので、実物を観てびっくりした記憶がある。
 だいたい私は子どもの頃からひどいひねくれ者で、名作や話題作に対しては斜にかまえてとっかかる性向があり、この映画に関しても例にもれなかったのだが、あまりのすさまじさに呆然とした。
 当時の私のSF洋画に関する基本線は『猿の惑星』レベルだった。俳優・女優演じる“猿”たちのメーキャップがみごとと絶賛されていたように思うのだが──『2001年』冒頭を観ただけで「猿の惑星の比じゃねえ」と驚嘆したものだ。これは本物の猿を使って撮影したのだろうかと真剣に考えたものだった(実際はこれもメーキャップであるらしい)。“猿”たちの演技、巨大で真っ黒で不思議な質感のまがまがしい印象を放散するモノリス、映像にはセリフも説明も一切ないのにも関わらず、何が起こっているかは明確に理解できるのも驚くべき大胆な演出だ。
 棍棒が宇宙船に変わる演出は、事前に話にきいてはいたがやはりみごとの一言につきる。そして宇宙船の窓にうつる、動いている人影! キューブリックは偏執狂だと賞賛をこめて私は口にしたものだ。全編静かに静かに進行するにも関わらず、きわめてサスペンスフルに展開する物語もすさまじい。HALの視線を象徴するあの赤いランプの無機質な不気味さときたら!
 で、問題のトリップシーン──は、実は、私はあまり好きではない。最初に観たときはおもしろいとも思ったが、あんなのが延々と続くのは馬鹿げているし、残念ながら“一線をこえて”退屈さへの天秤に傾いてしまっていると思う。実際、この映画は劇場やビデオやDVDなどで何回も何回も何回も何回も観ているが、このトリップシーンだけは観ればほぼ間違いなく寝てしまう。最後の変な部屋でボーマンがどんどん老いていく演出も、あまりにも説明不足で気に入らない。もっとも、このトリップシーンからラストまでをも、一切の説明を省いて観客に投げ出しているからこそこの映画が“哲学的”と称される決定的要因にはなっているのだろう。


 おこがましくも、愚かな子どもと後ろ指さされることを承知の上で王様は裸だと叫んでしまおう。クラークの小説版では、トリップ後のシーンにも明確な説明が付与されていて、論理的にきわめて明快に現象の理由が確認できる。何かの雑誌記事で見かけた記憶があるのだが、このシーンにおいては当初、超越した知性をもつ異生命体(つまりはエイリアン)を映像化する予定だったが、予算だか技術的にだか無理であることが判明したため、ああいうシーンになったのだとか。
 この記憶のニュースソースも全く覚えていないし、記憶の内容自体もきわめて曖昧で誤解や偏見が多分に含まれている可能性も否定できないが、それにしてもありそうな話ではあるじゃないか。あの哲学的で格調高いと賞賛される芸術作品に対してこんなゲスの勘繰りをあてはめること自体、実に“識者”の怒りと失笑を買いそうではあるが──キューブリックって、確かにこだわりは凄いがそんなに拡張高くて哲学的なひとなんですかね。それよりは、キューブリックのこだわりを満足させる“エイリアン”の造形が作成しきれなくなってやむなく(か、どうかはともかく)あの映像が撮影されたと考えるほうが合っているような気がするのですが。
 最後のスターチャイルドもすごいイマジネーション。ただしこれも残念なことに、事前に写真で目にしていたから映画初見時にはそれほどのインパクトはなかったのが不幸ではあります。

 つづく『2010年』。あの大巨匠キューブリックのあとを受けてピーター・ハイアムズが蟷螂に斧で挑んだ意欲作。事前に予想されたとおり評判はいまいちで、やはりとうてい『2001年』には及ばないというのが一般的な評価なのだろうが、私は好きです。
 木星系でぐるぐるまわっているディスカバリー号に接近するレオーノフの船影はとてつもなく印象的で、私の大好きなシーンのひとつです。
 実をいうと『2001年』の続編である、という以外にもうひとつつっこみどころがあって、『さよならジュピター』からいろいろパクってんじゃねえか、と。
 遠心力で擬似的に重力を発生させるための、ぐるぐるまわる居住区なんてもろ『さよならジュピター』のTOKYO3。露骨だよなあ、と思いつつも賞賛の念のほうが圧倒的に強いのにはもちろん理由がある。
『さよならジュピター』は個人的には日本特撮映画のエポックメイキングな位置を占めるものと勝手に評価している。それまで日本映画にはみられなかった作り込みの細かさや、小松左京の深い強い情熱を私はこよなく愛している。それを象徴するのが、居住区がぐるぐるまわるTOKYO3の航行シーンだった。擬似重力を発生させるためにぐるぐるまわる物体、という意味では“ドーナツ型の宇宙ステーション”という代表例がスタンダードをとおりこして陳腐なまでに一般化されてはいたのだが、それが宇宙船の居住区にまで映像化されたのを見たのは、あの映画が初めてだった。これは世界に誇れるイマジネーションといってもいいのではないかと感動した記憶がある。
 ただし──きちんと映像化されていれば、の話。
『さよならジュピター』小説版は映画に先立ち読了していたように思う。もっとも期待していたのは、冒頭の火星の氷冠の下からこつぜんと出現する巨大な“ナスカ絵”のシーンと、木星のぶあつい雲の層の内部を漂流する巨大な異星人の廃宇宙船“ジュピターゴースト”のシーンだった。
 どちらも、期待を大きく下回るできの悪さだった。ナスカ絵のシーンは悪い意味での日本の特撮を踏襲するもので、実に東宝怪獣映画の“津波”や“ダム決壊”シーンの焼き直しでしかない。水の粒子の巨大さからミニチュアであることは直感的に明白で、ナスカ絵のシーンも壮大さのかけらもない演出だった。ジュピターゴーストに至っては、電飾をやたらはりつけただけのでかい模型をドライアイスの煙のなかに沈めただけにしか見えない卑小さで、期待度のおおきさに反比例するがっかり具合は計り知れなかった。
 ぐるぐるまわる居住区のシーンは、初出時は「おお、すげえ!」と感動したが、木星を正面に接近するシーンで馬脚を現してしまった。合成処理の甘さがみえみえ、宇宙船と木星との境のエッジがきわめてはっきりと視認できるおそまつさ。
 きわめつけは、CGを使ったと喧伝していた木星爆破シーン。まさしく当時のCGそのもので、もっともスペクタクルな最大の見せ場であるあのシーンが、なんとテーブル上の立体映像のみの描写という粗雑きわまりない処理のしかたである。さすがにあのCGを実写的に演出することはできかねたのであろう。予算や撮影スケジュールとの兼ね合いもあったのだろうが、原作の壮大なイマジネーションがあまりにも矮小化されていることに絶望を感じてやまなかった。
 それだけに『2010年』の各シーンはよけいにすばらしく思えてやまなかった。レオーノフの重厚でぶこつな外観・航行シーンをTOKYO3と比較するのは、宇宙船としての基本設計からして意味はないのだろうが、木星外縁の減速シーン等、随所にみられる手に汗握る演出。前述のぐるぐるまわるディスカバリー号と、カーノウがそれに接近・到着するまでの緊迫感。もちろん木星本星に発生する異常シーンの描写と、そして爆発シーン。残念だが、せめてあのクオリティの3分の2くらいでも『さよならジュピター』で実現できていればと忸怩たる想いがわきあがると同時に、消化不良でフラストレーションたまりまくりだった数々のシーンがきっちりと映像化されていることへの快哉をも叫ばずにはいられない内容だった。
 映画自体は、クラーク色の、そしてアメリカ色の強い、ある種能天気な、ハッピーエンドの物語に堕しており、残念ながら前評判を下回る神秘性の剥奪にみちみちてはいたが、クラークの小説版『2001年』により即した形の物語でもあった。ボーマンが執拗にくりかえす「something wonderful」のセリフのうすらばかさ加減がきわめてアメリカ的で失笑ものだが、個人的には最初から『2001年』をこえるものなど露ほども期待していなかったので特に不満もない。むしろいろいろと初めて観るシーンを目にできてきわめて満足度が高かったことをよく覚えている。
 キューブリック主導かクラーク中心かの違いが際立ったといったところだろうか。

AMAZONリンク



 ついでながら、これも昔から口にしたくてたまらなかった王様の裸をもうふたつほど。天下の大巨匠キューブリックとクラークが関わった映画、それも公開から何十年も経ってさんざ検証されてきただろう映画に対してこういう疑義を表明するなんざ、物理学理解しているひとから見たらあまりにもレベルの低い失笑ものの誤解なんだろうけど、どうしても理解できないから。

 いち。『2001年』で、フランク・プールをボーマンがポッドに乗って回収するシーン。
 映像では無音で、実に粛々と描かれているものの、ディスカバリー号は実際には猛スピードで宇宙空間を航行中のはず。それを、真空中でディスカバリーから弾きとばされて遠ざかるプールを回収してディスカバリー号にボッドで戻る──これって、おいてけぼりにされやしないのかな。真空中だから、プールもボーマンも、ディスカバリーから遠ざかる方向へ移動すると同時にディスカバリーと同等の速度でディスカバリーと同じ進行方向に進んでもいるから、相対的に静止状態と同じように、いって戻ってくることができるのだろうか。よくわからないけど、感覚的に納得できないというか。

 に。減速シーン(またはその描写の欠落)。
 星野之宣の漫画に『2001夜物語』という秀作がある。むろん『2001年』に触発されたタイトルであり、内容にも『2001年』へのオマージュとおぼしき部分も散見されると記憶しているが直接は関係ない。この漫画の単行本化当時、レビュー記事で次のような内容の批判を目にしたことがある。すなわち「これじゃ宇宙特攻隊」じゃないか、というもの。
 くだんの批判は単行本の表紙絵に対するもので、ドーナツ型宇宙ステーションのドッキングベイに宇宙船が侵入するシーンが描かれていた。その宇宙船の船尾から推進炎が噴出している部分が問題とされており、これではドッキングベイに向かって宇宙船が一直線に加速して衝突する寸前であるとしか解釈できず、それを称して「宇宙特攻隊」という言葉が使用されていたように記憶している。
 昔ブルーバックスの一冊で読んだ内容。宇宙空間は真空である故に、地上や大気中における、摩擦による減速効果は望めない。従って、現在の技術体系で考える限りは、加速時に行ったのと同じ分だけ減速しないと目的地で停止することはできない。宇宙旅行は加速→(自由落下→)減速のプロセスが必要で、しかも減速時には噴射ノズルが目的地側に向けられている必要がある。つまり、船主が減速方向とは逆に向いていなければならない──というわけ。
 だから、たとえ前述と同様のシーンで推進炎が描かれていないとしても、噴射ノズルはドッキングベイ側に描かれていなければおかしい(可能性が高い)。
 ただ絵的に、減速方向に噴射ノズルを向けている姿勢が(地上的な感覚においては)あまりにも変なのは確かであり。
『カウボーイビバップ』において、宇宙艇ソードフィッシュがこのあたりを描いている。といっても目的地におしりを向けて減速している光景が描かれているわけではなく、戦闘時に急制動や急な方向転換をかける目的で、ノズルのさらに後方に可変式の仕切りを突出させることで、推進炎の方向を強引に逆側に向けるという概要。他には同じく『ビバップ』において、三角形の宇宙トラックが、ふだんは船体に収納させている逆向きのノズルを展開して急制動をかける描写が見られた。いずれにしても、特にソードフィッシュの例は燃料のロスがかなり大きくなりそうで、緊急時だからこそ説得力があるといった感じ。もひとつ、最近の例であのスターウォーズのエピソードIII冒頭、惑星上での乱戦状態でグリーヴァス将軍の旗艦が落下状態から脱するために、上述のソードフィッシュと類似の機構で逆噴射をかける描写が見られるが、あれだけ巨大な船体に比して小さな仕切り程度で充分な逆進のための推力が得られるものかどうか。
 どちらの例でも、目的地に向けておしりを向けている描写は特にみられない。
 で『2001年』の場合。映画では目的地である木星系に到達した時点で、ディスカバリー号はあの巨大なノズルは目的地とは逆を向いたまま。ディスカバリー号が自由落下状態(つまり前進状態)のまま、ボーマンがポッドで巨大モノリスの調査に出発したとは考え難いので、ちょいとおかしいではないか。
 また前半の、シャトルが宇宙ステーションに入港するシーンでも船首が目的地側に向いている。これって、おかしくない?
 もっとも『2001年』は、惑星の影の状態等、科学的に不正確なのを承知の上で映像を優先させている例は指摘されているようなので、これも同様の例なのかもしれない。
 では『2010年』はというと。木星系にたどりついた時点で、船の後部らしき場所で何かが展開したシーンのあと、後部ノズル方向を“前方から”映した形で推進炎らしき光がまたたく描写がなされている。展開したのがソードフィッシュと同様の仕切り板のように見えないこともないが、ソードフィッシュやグリーヴァス旗艦のように後方を完全に遮っているようには見えない。側部から斜めにノズル周囲を覆っているようにしか見えないのである。木星の大気ブレーキで充分に減速していたと考えられるので、加速と等量の減速をする必要はないのだろうが、それでもあれではロスが大きすぎるように見えるのだが(もっとも、後方からのショットがない以上断言はできかねる)。
 船体の重心を中心にして180度回頭し、ノズルを目的地側に向けるのもむろん、燃料なり何なりをロスするのは間違いないのだろうが、ノズルを覆って強引に推進ヴェクトルを逆転させるよりはましなのではないかと思うのだけれど素人考えなのか。
 ディスカバリー号とランデブーしてモノリスに辿りつくシーンでも、やはり前方から映した形の、推進炎が噴射される描写が見受けられる。このシーンは確かに推進炎の方向が船首方向に向いているように見えるような気がするが……。だとしたら、ノズル後方を遮断して推進方向を逆転させる後方からのショットをなぜ描かなかったのか。そのほうが圧倒的に説得力が増すと思うのだが。
 実は今回この文章を作成するにあたって『2010年』を観かえしており、それで初めて上記の形式に気づいた。それまでは、この映画では停止時に推進炎を“後方に向かって”ひとふかししていると思っていたので、この描写完全に間違ってるじゃん、と考えていたのだ。

 何かこのあたりに関する記述ってないものかね。別になくても何の支障もないことだけど。いちゃもんつけるのも、どちらの映画も好きだから故のことだしね。



AMAZONリンク

 



※文中の画像はAmazon等へのアフィリエイトリンクが含まれます。
※この記事は2009年04月11日 18時42分08秒にアメブロに投稿した記事を転載したものです。
 またこちらへの転載に伴い、アメブロおよびBloggerのミラーサイトに掲載した元記事は削除いたしました。
関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
用語集 (1)
SF小説-海外 (18)
その他 (2)
映像 (22)
SF小説-日本 (6)

月別アーカイブ

プロフィール

青木無常

Author:青木無常
「無名戦士の黒い銃」へようこそ。
青木無常と申します。
主にスペース・オペラ、SF系の作品に対するレビューを中心に記事を書いていきます。

また、備忘録もかねて、あらすじも記載いたします。
詳細なあらすじになる場合もあり、ネタバレもがんがんしまくりますので、あらかじめご了承願います。

一応ネタバレ部分は
<以下ネタバレ>ネタバレ部分<以上ネタバレ>
のような形で括って中身の文字色を変えておきます。
必要に応じてドラッグ反転でお読みいただきますよう、お願いいたします。

ホラー・ファンタジー系をレビューする姉妹サイト「魔法使いの赤い城」もよろしくお願いいたします。

検索フォーム

リンク

著作権について

【著作権について】
当サイトで掲載・配信している文章・動画・画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属します。
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツにおいて、著作権/肖像権等に関して問題がありましたら、メール先に御連絡下さい。迅速に対処をいたします。


本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

【管理人】青木無常 メール



以下も青木無常のサイト・ブログです。
GADGET BOX ガジェット ボックス
青木無常の創作小説サイト

ガジェットボックス マンガ館
青木無常の創作漫画サイト


見果てぬ夢をみる魔法
青木無常のブログサイト

底なしの穴を埋める魔法(を模索中)
ブログサイト更新お知らせセンター


魔法使いの赤い城
ホラー・ファンタジー系作品のレビューブログ
無名戦士の黒い銃
スペース・オペラ、SF系レビュー専門ブログ


CROCK WORKS-覚書まとめブログ【神話に出てくる固有名詞】

CROCK WORKS-覚書まとめブログ【実践心理学】

CROCK WORKS-【生活の知恵】覚書まとめブログ


PR
「小さなお葬式」
24時間365日 専門スタッフ対応
無料相談0120-926-361
↑緊急の場合にご利用下さい。


着る毛布『グルーニー』
他ブランケットウェア各種紹介


超便利グッズ!>2台のパソコン間でドラッグ&ドロップができるUSBケーブル
2台のパソコン間をドラッグ&ドロップでデータ移動可能なUSB2.0リンクケーブル「KB-USB-LINK3M」


大人の鉛筆
"鉛筆屋"の提供する「大人の鉛筆」  自分の手で文字を書く快感をぜひご堪能ください


巨大ロボットなりきりセット―にぎりこぶしと効果音
玩具、トイ、おもちゃ、ホビー、コレクション


オヤジども必見! なつかしい泉谷しげるの“吠える”アルバム ランキング
泉谷しげるのアルバムを売り上げランキング順にならべました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。