読書録─『リムランナーズ』 | 無名戦士の黒い銃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

読書録─『リムランナーズ』

読書録─『リムランナーズ』C・J・チェリイ/ハヤカワ文庫SF

宇宙戦

 最近は古本屋でしか本を買わないせいか、初読の作家というのがあまりなかった。このC・J・チェリイは今回が初。
 誤解や浅読みのそしりを恐れずいえば、単なる願望充足小説の域を出ないもの──といってしまってはいいすぎか?
 主人公は四十近い女性で、固形物を口にすれば吐き戻してしまいかねないほど衰弱した状態で登場──となれば、病的にやつれた中年女といった容貌だろう。にも関わらず搭乗した船ではなんだかモテモテで気に入った男とやりまくり。であるがゆえにトラブルにどんどんまきこまれていくのも確かだが、それにしても。
 まあ確かに登場時に最初に彼女に手を出した男は容貌、性格ともにろくでもない変態だし、船内でいい寄ってくる連中に対しても最初はあまりいい印象を抱いていないが──NGにしろマッケンジーにしろムーサにしろ、最終的には非常に“いい男”だし、それぞれ嫉妬で彼女を縛ろうとするそぶりさえない。登場人物たちも深く知り合うにつれ彼女を守ろうと奮闘しだすし、唯一彼女の庇護の対象であるNGも母性愛(ああ気持ちわるい)の投影対象にしか見えない。
 解説を読むと、壮大な宇宙史の書き手で、この作品は例外的にエポックにあたらない時期を描いているらしいが──あまり積極的に他の作品を読みたいという気にはならないな。100円以下で売っているのを見つけた場合は、購入するかも、くらいの感じ。

 書かなくてもいいような感じだが、一応あらすじも。もちろんネタバレしまくり。ネタバレしたってどうってことないような気もするが。


・戦争で敗北した“艦隊”の元軍人ベットは惑星スールで、食うや食わずの状態で宇宙船乗りの職を求めている。住処は公衆トイレの個室で、見つかれば追い出されかねない。スールは船舶の往来も少なく、宇宙船に職を得られるかどうかも心もとないが、地上で仕事をさがすつもりは彼女にはない。登録局の係員の同情によって非正規に掃婦の仕事を得て幾許かの金を得るが、いつもの公衆トイレで就寝中、ひとりの男が侵入してきてレイプされかけ、殺してしまう。当局の追窮を避けて、たまたま入ったバーのバーテンに肉体とひきかえに食事と宿泊先を提供されるが、バーテンの性の要求は次第に変態的にエスカレートし始め、拒むと公衆トイレでの殺人事件との関連を示唆され脅迫されることとなった。ベットはついにバーテンをも殺害し、なおも船の入港を待つ。

・スールにたどりついたときに乗っていた商船から降りた理由は、ペルという惑星へ向かう予定があったからだった。ペルにいけば彼女の前歴からして身の危険があるためだった。

・やがて港に“ASロキ”という名の巨大船が入港。正体不明のその船はスパイ船と思われたが、宇宙に出たい一心でベットは身分を偽り船長と面会し、乗船の許可を得た。出発は5日後。それまでに二件の殺人と自分が結びつけられないよう息をひそめて待つ。だが搭乗数時間前に、ついに当局によって捕えられてしまった。“ASロキ”に連絡をとるよう主張するが、きき入れられたかどうかもわからない状態で時間ばかりが経過する。だがぎりぎりのタイミングで船の幹部であるフィッチが現れ、ベットの身柄を惑星当局からもらい受けることとなった。

・エンジニアリング部門に配属されるベット。上司のバーンスタインから、NGという男とは関わらないよう忠告を受けるが、最初に彼女に声をかけてきたのはそのNGだった。ベットはNGと関係をもってしまう。彼は以前、いるべき時にいるべき場所にいなかったために同僚を事故死に追いやる結果となってしまったらしい。船内に彼の味方はバーンスタインとその部下であるムーサしかいないようだ。フィッチはどうにか口実をつけてNGを亡き者にしようと狙っており、バーンスタインが危うく彼を救いだしたらしい。だがあと一度でも問題を起こせば、NGは即時にエアロックから放りだされかねない状況だという。だがベットは次第にNGに牽かれていく。

・そんな折、NGは暴行を受ける。状況を質すが、NGはロッカーにぶつかったと繰り返すばかり。バーンスタインは状況が切羽詰っていることを確信し、ベットとムーサに、NGにはりつき目を離さないよう指示する。NGは頑なに助力を拒否し、これ以上自分に関わるなとくりかえすが(そのわりにゃ、最初に声をかけてきたのはNGからだったのだが)、ベットは逆に同シフトの人間に声をかけ、にわか宴会を催してNGと他の船員との架け橋となろうと目論み、何人かの同僚を味方につけることに成功する。が、前々から火種を抱えていたヒューズという男に、シャワールームで襲撃を受けることとなってしまった。ベットは軍船で受けた手練の技でヒューズを倒してしまう。

・ヒューズが勝手に転んだと主張してフィッチの追窮を逃れるベット。だが突然の所持品検査で、ベットの寝棚から麻薬が発見される。無論、身に覚えはない。尋問するフィッチにベットは、罠にかけられたことを主張するが受け入れられず、ひどい暴力を受けることとなる。ヒューズの背後にいたのがフィッチなのだ。そして<以下ネタバレにつき(一応)白字>フィッチの標的は、実はNGではなくバーンスタインであることをベットは察知する。

・ベットはバーンスタインに自分が軍船あがりであることを打ちあける。瀕死のベットに、船内の同情が集まり始める。そんな折、船長のウルフからベットは呼び出しを受け、隠していた自分の履歴を淡々と問い質される。何事もなく解放されるが、今度はフィッチの同僚でありバーンスタインの直属の上司であるオルシーニから同様の質問を受け、さらには以前の彼女の乗艦である“アフリカ”に搭載されていたと思しき戦闘服の修理を命じられる。

・船はスールに寄航するが、ベットとNGには上陸許可が出ない。残っている上司はフィッチのみ。身の危険を感じるベットにフィッチは、24時間以内に戦闘服を修復するよう命令する。不可能だと抗議するが、不眠不休でとりかかれと強要される。どうにか修復を終え、自分自身とそしてフィッチに戦闘服をフィッティングするベット。初歩的な使用方法をフィッチに伝えると、6時間の休息をいいわたされる。

・入港状態のままの船内には、不穏な空気が。上陸した船員は戻らず、外部との連絡も禁止されているらしい。NG他二名は脱出を主張するが、戦闘服の性急な修繕を求められたことから敵が接近していることを推測したベットはそれを押しとどめる。案の定、襲撃を受ける“ASロキ”。フィッチとともに反撃するが見通しは暗かった。が、援軍が到着し、九死に一生を得る。戦闘時の適切な判断を評価されたNGは他船からスカウトがかかったが、ベットともに
<以上(一応)ネタバレ>残留する。おわり。



 なんつーか、見るべきものが何もない。みごとに何もない。この先どうなるのだろうという興味は多少わいたが、どうなろうとたいしたことにはならないだろうなとも思いながら読み進めると、ほんとうにたいしたことにはならないままとってつけたようなハッピーエンド。いやはや。


リムランナーズ (ハヤカワ文庫SF)

AMAZONリンク


※文中の画像は楽天・Amazon等へのアフィリエイトリンクが含まれます。
※この記事は2009年06月30日 22時29分14秒にアメブロに投稿した記事を転載したものです。
 またこちらへの転載に伴い、アメブロおよびBloggerのミラーサイトに掲載した元記事は削除いたしました。

関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
用語集 (1)
SF小説-海外 (18)
その他 (2)
映像 (22)
SF小説-日本 (6)

月別アーカイブ

プロフィール

青木無常

Author:青木無常
「無名戦士の黒い銃」へようこそ。
青木無常と申します。
主にスペース・オペラ、SF系の作品に対するレビューを中心に記事を書いていきます。

また、備忘録もかねて、あらすじも記載いたします。
詳細なあらすじになる場合もあり、ネタバレもがんがんしまくりますので、あらかじめご了承願います。

一応ネタバレ部分は
<以下ネタバレ>ネタバレ部分<以上ネタバレ>
のような形で括って中身の文字色を変えておきます。
必要に応じてドラッグ反転でお読みいただきますよう、お願いいたします。

ホラー・ファンタジー系をレビューする姉妹サイト「魔法使いの赤い城」もよろしくお願いいたします。

検索フォーム

リンク

著作権について

【著作権について】
当サイトで掲載・配信している文章・動画・画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属します。
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツにおいて、著作権/肖像権等に関して問題がありましたら、メール先に御連絡下さい。迅速に対処をいたします。


本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

【管理人】青木無常 メール



以下も青木無常のサイト・ブログです。
GADGET BOX ガジェット ボックス
青木無常の創作小説サイト

ガジェットボックス マンガ館
青木無常の創作漫画サイト


見果てぬ夢をみる魔法
青木無常のブログサイト

底なしの穴を埋める魔法(を模索中)
ブログサイト更新お知らせセンター


魔法使いの赤い城
ホラー・ファンタジー系作品のレビューブログ
無名戦士の黒い銃
スペース・オペラ、SF系レビュー専門ブログ


CROCK WORKS-覚書まとめブログ【神話に出てくる固有名詞】

CROCK WORKS-覚書まとめブログ【実践心理学】

CROCK WORKS-【生活の知恵】覚書まとめブログ


PR
「小さなお葬式」
24時間365日 専門スタッフ対応
無料相談0120-926-361
↑緊急の場合にご利用下さい。


着る毛布『グルーニー』
他ブランケットウェア各種紹介


超便利グッズ!>2台のパソコン間でドラッグ&ドロップができるUSBケーブル
2台のパソコン間をドラッグ&ドロップでデータ移動可能なUSB2.0リンクケーブル「KB-USB-LINK3M」


大人の鉛筆
"鉛筆屋"の提供する「大人の鉛筆」  自分の手で文字を書く快感をぜひご堪能ください


巨大ロボットなりきりセット―にぎりこぶしと効果音
玩具、トイ、おもちゃ、ホビー、コレクション


オヤジども必見! なつかしい泉谷しげるの“吠える”アルバム ランキング
泉谷しげるのアルバムを売り上げランキング順にならべました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。