レビュー>『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』 | 無名戦士の黒い銃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ/

レビュー>『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』

『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』監督:庵野秀明

カゴノトリ

 おもしろかった!

 近頃は時間の加速化がとみに進行しているのか、映画を観るのも大きな負担に感じられてなかなか劇場に足を運ぶ気にならなかった。本作も、吉祥寺の上映館が整理券方式なんざとりやがったことも手伝って、観ようかどうしようかかなり迷っていたのだが、休日をつぶして足を運んだ甲斐が充分以上にあった。


 とうぜんネタバレ注意。

 庵野監督の作品はどれもおもしろい、とは以前記したと思うが、同時に不快な作品が多いとも書いた。本作は、それに当てはまらない。

 無論、いまのところは、と付記しなければならないけどね。



『新劇場版:序』はTV版を“おおむね”踏襲した内容だった。今回は“おおむね”新作といっていいほどのストーリー展開。もっとも、序が、汚らしい赤い海から始まったことによる“やりなおし”を暗示する内容だったことともあいまって、登場人物たちの微妙な変化が、旧作との関連に、というか対比に、基づいているであろうことは想像に難くない。レイは<以下ネタバレにつき白字>シンジとゲンドウの仲をとりもとうと積極的に行動し、アスカもまたシンジへの接しかたが(若干)素直になっている。使徒化した3号機に搭乗するのはトウジではなくアスカであり、シンジを“二度と戦わなくていいように”全力で奔走するレイと“かわりがいる”との告白にも関わらず命をかけてレイを救い出そうと試み、ついにはそれに成功してしまうシンジ。

 旧作の病的さを保持し続けているのは(一見)ゲンドウだけ。それだけにシンジとゲンドウとの対立図式はより異様に、より際立って見えてくる。

 使徒にとりこまれたレイの救出劇もまた、旧作のイメージなら失敗に終わっていそうなところだが、まるで少年漫画の王道展開のように感動の結末が訪れる。いままでの庵野作品にはみられなかった健全さだ──と、いいたいところだが、これも当然、いまのところは、と付記しないわけにはいかないだろうねえ。

 終盤にカヲルが口にするなぞめいた言葉も、今後の展開を予想させない。実にスリリングだ。無論“体育館に椅子”だとか“劇場でバカ面さげて画面を見上げる観客”のシーンが再現されないとも限らないし、“やり直し”の世界の暗示そのものも、今作で怪しくなってきた、と深読みできないでもない。なにしろ、セカンドインパクト前は海が青かった
<以上ネタバレ>ことが明示されているのだし。



 不満点もないでもない。『翼をください』は、陳腐になろうとも、やはり合唱でやってほしかったし(なんにせよ、これでまた、俺ごときが同じ雰囲気のことを以前からやろうと思っていたといくら主張しても、粗悪な二番煎じにしか思われないだろうから事実上“この手”は封印されてしまったことに忸怩たる思いを禁じ得ない)、アスカやレイに負けない存在感を主張する新キャラも、シンジと軽くからんだだけだったのが実に惜しい。アスカの毒が緩和されたのにかわってか、シンジに対して客観的・批判的な役割を担いそうなセリフを口にしただけに、活躍する場面が限られていたのはきわめて心残りではある。



 でも、やっぱり、極上のおもしろさだった。

 もともとは、それほど期待していたわけでもなかったがゆえにね。

 否、期待していなかった、というのは正確じゃない。『序』の画面の美しさは、格別だったし。

 ただ、新キャラや新メカや新使徒が出てくるにしても、基本的には旧作のリメイク程度にしか予想していなかったから、ここまで予想外の展開がくるとはまったく考えていなかったのだよね。






 すべてひっくるめて、庵野監督にしてやられているのかもしれないけど。


 とにかくおもしろい。ひさしぶりに、満足した気分を味わわせてもらえた。

 急、ではなく『Q』に期待大。






AMAZONリンク









※この記事は2009年08月01日 19時49分29秒にアメブロに投稿した記事のバックアップです
 またこちらへの転載に伴い、アメブロおよびBloggerのミラーサイトに掲載した元記事は削除いたしました。







関連記事

コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
用語集 (1)
SF小説-海外 (18)
その他 (2)
映像 (22)
SF小説-日本 (6)

月別アーカイブ

プロフィール

青木無常

Author:青木無常
「無名戦士の黒い銃」へようこそ。
青木無常と申します。
主にスペース・オペラ、SF系の作品に対するレビューを中心に記事を書いていきます。

また、備忘録もかねて、あらすじも記載いたします。
詳細なあらすじになる場合もあり、ネタバレもがんがんしまくりますので、あらかじめご了承願います。

一応ネタバレ部分は
<以下ネタバレ>ネタバレ部分<以上ネタバレ>
のような形で括って中身の文字色を変えておきます。
必要に応じてドラッグ反転でお読みいただきますよう、お願いいたします。

ホラー・ファンタジー系をレビューする姉妹サイト「魔法使いの赤い城」もよろしくお願いいたします。

検索フォーム

リンク

著作権について

【著作権について】
当サイトで掲載・配信している文章・動画・画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属します。
当サイトに掲載されているすべてのコンテンツにおいて、著作権/肖像権等に関して問題がありましたら、メール先に御連絡下さい。迅速に対処をいたします。


本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、 Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

【管理人】青木無常 メール



以下も青木無常のサイト・ブログです。
GADGET BOX ガジェット ボックス
青木無常の創作小説サイト

ガジェットボックス マンガ館
青木無常の創作漫画サイト


見果てぬ夢をみる魔法
青木無常のブログサイト

底なしの穴を埋める魔法(を模索中)
ブログサイト更新お知らせセンター


魔法使いの赤い城
ホラー・ファンタジー系作品のレビューブログ
無名戦士の黒い銃
スペース・オペラ、SF系レビュー専門ブログ


CROCK WORKS-覚書まとめブログ【神話に出てくる固有名詞】

CROCK WORKS-覚書まとめブログ【実践心理学】

CROCK WORKS-【生活の知恵】覚書まとめブログ


PR
「小さなお葬式」
24時間365日 専門スタッフ対応
無料相談0120-926-361
↑緊急の場合にご利用下さい。


着る毛布『グルーニー』
他ブランケットウェア各種紹介


超便利グッズ!>2台のパソコン間でドラッグ&ドロップができるUSBケーブル
2台のパソコン間をドラッグ&ドロップでデータ移動可能なUSB2.0リンクケーブル「KB-USB-LINK3M」


大人の鉛筆
"鉛筆屋"の提供する「大人の鉛筆」  自分の手で文字を書く快感をぜひご堪能ください


巨大ロボットなりきりセット―にぎりこぶしと効果音
玩具、トイ、おもちゃ、ホビー、コレクション


オヤジども必見! なつかしい泉谷しげるの“吠える”アルバム ランキング
泉谷しげるのアルバムを売り上げランキング順にならべました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。